三十を超えてから出会いを求め始めるのは、手遅れですか?


出会い系サイトというのは非常に便利なサイトなのだという話をよく聞きます。ふだんから、素敵な異性との出会いがないといって寂しい思いをしている人は、世の中にたくさんいると思うのですが(私もその一人です)出会いのチャンスがなくて困っている人にこそ、出会い系サイトというものは活用されているようです。

出会いのチャンスが得られない理由というのは、人によっていろいろと考えられると思います。そもそも、面と向かって異性とコミュニケーションをとることが苦手だという人でも、インターネットを通じて知り合った異性とメールでのコミュニケーションを行うのであればまだ大丈夫だという人なら、まさに出会い系サイトというものを利用して異性との出会いを求めるのがぴったり合っているのかもしれませんね。

また、素敵な出会いが実現させたいという思いはあるし、そもそも他人とコミュニケーションをとること自体もそれほど苦手ではない、という人でも、最近では特に素敵な出会いが実現させるチャンスがないといって嘆いている場合が多いそうです。その理由はやっぱり、出会いを求める時間がないというものでしょう。

基本的に男女の出会いというのは、誰かと出会いたいと思ってもなかなかすぐに実現できるものではないのです。
出会いに適した環境を整えなければなりませんし(例えば合コンに参加するとか)そのためにはお金も時間も必要になります。
でも、現代人は特にみんなが仕事に追われていて、あまりに忙しすぎるので、出会いを求めたくてもなかなかそのチャンスがないということは言えそうです。

せっかく忙しい仕事の時間をなんとか開けて合コンに参加したとしても、その参加者の中に自分が理想としているようなタイプの異性がいなかったら、それだけでがっくり来ますよね。
でも、自分にとって目当ての異性がいないからといって、あからさまにがっかりした顔を見せたり、態度でそういうことを表したりすると、やっぱり場の空気が悪くなってしまうので、まわりの参加者からも嫌われてしまいます。
合コンはせっかく素敵な異性と知り合うためのチャンスなのに、自分が場の空気を悪くしたためにもう二度と誘ってもらえないということになったら、あまりにも残念です。

でも合コンというのは、先ほども言ったように出会いの求め方としては効率が悪いように私は思います。
出会い系サイトというものを活用するようになってからは特にそう思いますね。

合コンの参加者の中に素敵な異性がいなかったら、はっきり言ってその合コンに参加した意味がないだろうとがっかりするのはもちろんですし、たとえ自分にとってはほとんど意味のないような合コンであっても、自分の他に参加者がいて(しかも自分の友達だっている可能性が高いわけですから)自分がいくらがっかりしてもその場の空気を悪くするわけにはいきません。
つまり、無理をして周りに気を遣わなければいけないこともかなり多いわけです。

私も、出会い系サイトを活用し始める前は、出会いを求めたくてずっと合コンに参加していました。
合コンに参加するのにはやっぱりそれなりのメリットがあると考えていたので、合コンに参加し続けていたことを全部公開しているわけではないのですが、やっぱり せふれ 募集掲示板を活用し始めてからは、合コンで出会いを求めるのはちょっと効率が悪いかなとか、自分には合ってないかなというふうに考えるようになりました。

自分にとって出会いの候補がいない場合でも、やっぱり周りにはかなり気を遣っていましたし、それで家に帰ってからどっと疲れるということも多かったです。
もちろん周りに気を遣っていたのは私だけではないと思いますが、それにしても、合コンってそもそも、仕事での疲れをいやすみたいな目的もあったはずなのに、合コンに参加するだけで余計につかれるみたいなことがあって、おまけにせっかく合コンに参加しても素敵な出会いが実現できないということになったら、マジで何のために合コンに参加していたのかわからないのです。

合コンの参加費だって結構高いですし、もうそれだったら、まわりにあまり気を遣わずに出会いを求めることができる出会い系サイトを利用してみることにしたんです。
最初の頃はかなり悩みました、だって出会い系サイトって便利なサイトって言われますが、それと同時に悪いうわさもたくさん聞くじゃないですか。
実際に出会い系サイトというものを遣い始める前から、こういうサイトに関しては悪いうわさも勝手に聞こえてくるわけですから、出会い系サイトというものを利用し始める前に不安を感じていた人は、きっと私だけではないだろうと思います。

私が出会い系サイトを利用し始めた時、例えば悪徳サイトに引っかかってしまったらどうしようとか、優良な出会い系サイトしていても、変な人に出会ってしまう可能性はあるんだ、ということ以外に感じていた不安は、実は年齢のことでした。

恋愛とか出会いっていくつになってからでもできるとか、手遅れにはならないということを言いますが、それって本当なのかという不安がかなりあったわけです。
出会い系サイトの利用者ってやっぱり若者が多いっていうじゃないですか。
自分がどんなサイトを利用するかにもよりますが、確かにどっちかっていうと、若い利用者が多いケースのほうが多いです。

実は私が出会い系サイトを利用し始めたのは、二十代の後半の頃でした。
この年で若者(大学生とか)に混ざって出会いを求め始めても大丈夫かな、誰とも素敵な出会いを実現できないんじゃないか、というような不安はかなりありました。
そして今では三十を超えていますが、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃ほど、年齢に関してはあまり焦りを感じなくなりました。

出会い系サイトを利用している人はやっぱり若者が多いというのは事実ですが、若いからといってそれだけで出会いがうまくいくわけではありませんし(経験不足などが理由でうまくいかないことも多いようです)私と同じように、アラサーで出会いを求めたいと考える男女も、最近では特に増えているようです。

ちょっと昔みたいに、結婚して家庭に入って子育てをすることが女の幸せみたいに言われた時代だったら、出会い系サイトを利用しても私みたいなアラサーはけっきょく誰とも素敵な出会いを実現できないということになってしまったかもしれませんが、今では多くの人の考え方も変わって、結婚や子育てが必ずしも幸せになるための選択肢ではないと思われています。

結婚や子育てを経験して幸せになれる人というのは、すでにそれ以外の自分の目標をある程度達成して満足感を得た人、というイメージが私にはあります。
ある程度生活と気持ちに余裕がなかったら子育てをやっていくのはやはり大変なことだと思います。
子育てや結婚生活の中で、我慢しなければいけないことってかなり多いですから、結局、そういうことが勝満できなくなって離婚してしまう人というのは、結婚によって幸せになったとは言いにくいですよね。

私も、若いころはいろいろと自分なりに目標があって、また仕事がうまくいっていたので、忙しく働いているうちに三十を過ぎてしまったという感じです。
男女の出会いというものを意識し始めたのは二十代の後半くらいですが、出会いというものは、たとえ便利なサイトを利用したとしても、そこまですぐに実現できるものではありません。

自分はもう若くないから、出会いがあるなら相手は誰でもいいという気分には絶対なれませんし……かといって、いい年下おばさんがいつまでも夢を見て高望みしていると思われるのは嫌ですね。
私と同じように、アラサーになってまだ出会い系サイトを利用して出会いを求めているという人は多いと思いますし、きっと、自分は周りから見てかなり浮いているのではないかという不安は感じていると思います。

けれども、何度も言うように、優良な出会い系サイトにはいろいろな種類があって、確かに若者が利用者の中心になっているようなサイトもあるのですが、その一方で、アラサーの男女が数多く利用しているサイトもあります。
いくつになっても恋愛をすることは可能ですし、また、自分はバツイチだから新しい出会いがうまくいかないのではないか……というような不安を感じる必要もありません。
人それぞれ出会いを求める事情というものがあるでしょう。
出会い系サイトを利用すれば、焦らず自分のペースで出会いを求めることができますよ。