彼女を本気で満足させるためだったら、犬にでもなってやろうと私は思います


お前はいったい何を言ってるんだと笑われるかもしれませんが、実際に友人からそういう話で笑われたことがありますが、私はけっこう本気で「彼女を満足させるためだったら犬にでも何でもなってやろう」と思っています。別に、自分にそういう振る舞いが求められていて、それを理解したうえで彼女の犬になる(つまり言いなりになる、というくらいの意味ですが)のであれば、私は別に恥ずかしいことではないと考えているのです。

大切な彼女を持つ男として、男は常に女性を満足させることができなければだめだと思うのです。どういう男性のそばにいれば女性が満足できるのかという条件は、それぞれの女性の価値観の違いなどがあるので、確実にすべての女性を満足させる方法というのはないかもしれません。

ただ、少なくとも私の彼女の場合、ちょっとSっけがあるので(ちょっとではなく、かなりと言えるかもしれません)要は女王様気分を満喫できれば彼女はハッピーになれるんですよね。彼氏として、私はそのことを十分に分かっているので、もしも彼女が本気で望んでいるのであれば、私は彼女の言いなりになって彼女を幸せにしてやろうというふうに思うのです。繰り返すことになるかもしれませんが、彼女の犬になり下がることについて、私は別に恥ずかしいとも何とも思いません。

彼女は、美人です。別に顔だけを見て相手のことを判断しているわけではありませんが、私が不覚にも彼女に一目惚れに近い形でほれ込んでしまったのは事実です。今でも彼女に惚れこんでいるという気持ちはあまり変わりません。だからこそ、彼女の言いなりになるということについて、あんまり不満を感じないのかもしれません。

彼女は美人なだけではなく、非常に努力家です。仕事でも、男性社会に交じってバリバリとがんばっていることを私は知っています。同時に、女性が男性と肩を並べて働く際に、どれほど大きなストレスがあるものなのかということを、私は知っているつもりです。

彼女は、仕事ができるあまりにほかの男性社員からひがまれて苦労するということも多いでしょう。キャリアウーマンは男女ともに敵を作りやすいという話を聞いたことがあります。職場で他人にひがまれてしまうということは、すごくしんどいことです。

本来、仕事ができるというのはすごくいいことのはずなのに、仕事ができるばっかりに職場に敵を作ってしまうわけです。もちろん、敵を作ったところで気にしないというのは重要ですし、職場にいるすべての人間が一斉に敵となってしまうというケースも考えにくいかもしれませんが、それでも、職場に敵がいれば新郎も増えるというのは間違いありません。

つまり彼女は、普段から自分の言いたいことをずっと我慢しているわけなのです。そんな生活は、さぞかしストレスもたまるでしょう。だからせめて、私のそばにいるときくらいは、わがまま放題なふるまいをさせてあげたいのです。お嬢様気分を満喫させてあげたいのです。そのために私は、彼女の犬になります。

【http://xn--15q73awe25nfoubm6dy4j.com/】