友達募集の女の子、その本音は?


出会い系サイトや出会いアプリの中にはいろいろな種類があって、例えば十八歳以上の男女のみが有料で利用できるような出会いアプリは、はっきりそういうことが書いていなかったとしても、初めからある程度、セックスもアリという男女の関係をサポートしています。つまり、結婚相手を探してもいいし、本気でセフレを募集しても良いサイトということになるのです。

ところが、そういうサイトは実質、いくら婚活のために利用できるとは言われても、どうしてもそういう出会いアプリなんかを利用するのは抵抗があると感じる人が多いのです。すでに結婚していて、旦那との関係がうまくいっていない欲求不満の人妻とかならともかく、若い女の子なんかは、出会いアプリを利用してセフレを募集することについて、特に処女を喪失するまでは結構な抵抗を感じるみたいなんですね。いったん処女を喪失して、なおかつその相手と別れてしまったりすると、今まで処女というものにこだわってきた自分がけっこうばからしくなったりするみたいなんですけど。

女性の気持ちがすべてわかるわけじゃないですけれど、やっぱり一度好きになって処女までささげた相手にふられてしまう喪失感って、半端ないんだろうなと思います。そういう出来事がきっかけになって、どんどんと快楽の道に走る女の子たちも多いって聞きますし、別に、快楽の道に走ったところで誰かに迷惑がかかるということはほとんどないので、別にその人が好きなようにすればいいのですが。

処女を喪失する前の若い女の子は、けっこうセフレ募集というものに抵抗を感じるようです。最近では特に、若い女性の出会い系サイト利用者がものすごく増えているようですが、若い子で処女であるという場合は特に、出会い系サイトの中でも年齢制限のあるものは使わず、未成年者でも利用できるような友達募集のためのサイトに集まることが多いようです。

こういう女性たちはつまり、男との出会いは欲しいけれども、セックスはまだまだNGだというメッセージを案に送ってきているわけですよね。だから未成年者でも利用できる友達募集のためのサイトを利用したがるのです。けれども、彼女たちの本音はどうなのでしょう、本当にセックスとかそういうのはNGなのでしょうか。

私が実際に、出会系サイトも含めていろいろな出会いアプリを利用して見た経験から言えば、例え全年齢対象の友達募集サイトを利用している女の子であっても、問題なくセフレの候補として考えられます。

彼女たちが、男性とセックスをするということについてなんとなく抵抗を感じている理由は、気持ちいいみたいだけれど何となく不安があるとか、本当に自分にとって、誰かとセックスすることはメリットがあるのかというふうな疑問があるからです。つまり、そういう疑問や不安を取り除いてあげることができれば、セックスすることや男性とのお付き合いをすることについて多少は不安を感じている女の子が相手であったとしても、問題なくセフレ候補として釣ることができます。

友達募集のためのサイトを利用している女の子って、本当に好きな人に出会えるまではセックスしたくないというようなことをよく言うわけです。もちろん、そういうふうに考える女の子たちの気持ちはよく分かるのですが、ぶっちゃけ、自分が本気で好きになれる男の人ってどういう人なのかということについては、女の子自身もよく分かっていないことが多いんですよね。頭ではいろいろと考えていても、目標はけっこうあいまいなんです。

だから、セックスすることに明確なメリットがあるということが分かれば、まだ本気で好きになれるかどうかわからない男性が相手であっても、彼女たちはセックスします。もちろん、彼女たちに最低限嫌われないようにするだけの気配りは必要かもしれませんが、結構お金で釣れたりしますよ。

自分がセックスすることで気持ちよくなれて、なおかつお金ももらえるというのは、女の子たちにとってやっぱり大きなメリットなのです。